ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ペニブーストの効果【公式成分や飲み方などショップ評価】

ペニス増大サプリ商品(効果)
ペニブーストの効果

ペニブースト(PENIBOOST)のペニス増大サプリ評価

ペニブーストの増大サプリ性能の評価

ペニブーストは2017年末頃発売されたペニス増大サプリです。
かなり多くのアフィリエイターがいて、推奨する口コミやランキングサイトが多数存在します。

同種のサプリが存在、進化はしたのか

ペニブーストについて詳しく調べてみると、海外版がペニトリンでその日本版がペニトリンマックス、更にその進化版?がペニブーストになるようです。

まず、海外版は海外発送だったので個人輸入代行で購入したのを覚えてます。
ペニトリンはシトルリンとアルギニンと亜鉛のみの、単なるアミノ酸サプリでしたが、マックスの日本版ではトンカットアリやプロポリスが加わり多少進化した模様です。
とは言っても安全性や健康性の方を重視する時に使用される成分なので、精力的な効果が低いです。

それからペニブーストが発売されましたが、最初はパッケージを変えただたけの同一商品か!?と思いましたが、どうやらシトルリンの量が80mgだけ増えたようです。
ギムリスがギムロットαに名前変えした時も、シトルリン量を750から780mgに微妙に変更した手法です。
アフィリエイターが一斉に名前変えしてましたが、進化したと言ってるサイトもあれば、名前だけが変わったと言ってるサイトもあって統一されてなかったのを覚えていますw

確かに新商品としてコストを浮かして製造できるので、再度売り上げをアップさせるのが狙いでしょうか。
また、商品名が変われば、旧作についたマイナス評価を一新できますね。

成分や性能の特徴

ペニブーストの成分や性能の特徴

ペニブーストの公式ページを見ると、進化した成分以外ペニトリンマックスと一緒でした。
名称はLアルギニンサプリで、成分構成は他に亜鉛、トンカットアリ、ポリフェノール、プロポリス、シトルリンで構成されています。
タイプはカプセルの1種で、1日2粒です。

特徴はシトルリン量が1粒に780mgということ。1日約1500mg摂取は他と比べて多い方です。
ただ、これまでの実践資料を見てもシトルリン量が効いてる実感や効果を左右したことはないのでプラスではないかな。
仮にシトルリンやアルギニンの量が重要であれば、量に特化した安いサプリはいくらでもあります。

成分数約10種とペニス増大サプリとしては成分数がかなり少ない上に、動物系成分なしのアミノ酸と植物系、ミネラルのみなので、増大や精力というより健康志向のサプリの性能です。

またカプセル1種の1タイプなので、増大作用としても血流量アップのみです。
これらの性能は10年程前からあった性能で、安全面や増大効率が悪く、効果がごく1部にしか出ない為、増大サプリは2タイプや3タイプ、成分100種等、万人に効くように進化していったとされていますね。

ペニブーストの購入と飲み方

ペニブーストの購入と飲み方

ペニブーストの購入ですが、amazonや楽天、その他ショッピングサイトで販売されていますが、最安は公式の8200円
ペニトリンマックスと同じ値段なので、少し進化した分お得です。
複数購入で微妙な割引、中身がわからない梱包、品物名の記載なし等に対応してます。

ペニブーストの飲み方ですが、60粒入りなので1日2粒です。一気に飲んだ方が一時的に効果実感は高まります。近年の評価されてる増大サプリは1日3錠以上が多いです。1日2錠はその分値段が安ければいいですが、飲む錠数が多い方が効きやすいので、それだけでもマイナス評価です。

ペニブーストの増大効果

ペニブーストの増大効果

前作からシトルリン量とトンカットアリ、プロポリスが追加されたくらいなので、それがどう影響するかペニトリンとの違いも見ていきます。

2粒飲み続けましたが、特に無といった感想。前作のレポと同じです。
2週間、1ヶ月とペニスに熱いものを感じるなど変化はありませんでした。
元気だなという健康感は増したような気もします。それくらい…

■ペニブースト使用1カ月目
勃起時14.5cm→14.5cm
ペニス増大プラス0cm

とりあえず副作用的なものもないので、前回同様、ラスト数日は4粒と倍にして飲んでみます

2か月目もはっきりとした効果の上昇はないですね。。
精力的な効果は亜鉛による精子量が増えたというのと、トンカットアリのせいか、前作よりも勃起しやすい…かなという程度。
それよりは、漠然とした健康感の方がありますね。

ペニトリンマックスとは変わらないと思いますが、海外版よりは多少進化したと言えるかも。
1日2回の4粒にしても副作用的なモノはなかったです。錠数増やしても精力実感はあまり変わらず!

■使用約2カ月目計測
勃起時
14.5cm→14.5cm

ペニブーストのレビューまとめ

ペニス増大0cm!変化なし!!

ペニブーストのペニス増大効果はなし!

ペニブーストを約2カ月実践しての感想ですが、シトルリン量はほぼ関係ない」「アミノ酸に植物系やミネラルが多少加わっただけでは精力的な実感力がほぼない」「成分数の少な過ぎは効果に影響するという事。

他の侍も何度も言ってますが、シトルリン量は他のサプリと比べ多い方だったが、やはりそれが精力的な効果に結びついていません
シトルリンやアルギニンはペニス増大にとっては必要な成分ですが、それだけで効果を持つものではなく、増大の為の体質をつくる間接的な役割です。
増大においては、これらアミノ酸と直接的な動物系や植物系など種類を多く有し、成分同士が混ざり合って効果を発揮すると考えられてます。

やはり1タイプで成分数10種以下、動物系なしでは実感自体が低過ぎます

海外版よりも微妙な進化だったので違いも微妙なものでした。
日本版のペニトリンマックスとはほぼ違いがわからないことが予測されますね。

飲用後のペニブーストの評価

ペニブーストの性能評価

  • 価格:8200円
  • 容量:カプセル1種、1タイプ計60粒
  • 使用方法:1日2粒を目安
  • 成分:シトルリン、アルギニン、亜鉛、ポリフェノール、トンカットアリ、プロポリスなど10種以下
  • 評価:★★☆☆☆ 2.0/5 56件

 精力結果を成分や構造等の性能から分析。

ペニブーストの成分数は10種以下。配合されてるものはアルギニン、亜鉛、ポリフェノール、トンカットアリ、プロポリス、シトルリンで、アミノ酸と植物、ミネラルのみの構成。アミノ酸は増大においては「体質をつくる」ものなので、それだけでは実感力は低く、効果を得るのに時間もかかります。トンカットアリも植物系なので強い精力実感はないです。

ペニブーストの副作用ですが、実践で2錠-4錠は問題なかったです。成分構成上も問題ないでしょう。前作(ペニトリン)と比べると、プロポリスが加わっているので、多少健康感は増しています

ペニブーストの特徴・構造ですが、アミノ酸だけでの構成、1タイプの血流量アップ。

ペニブーストの価格は8200円です。実践効果や性能を考慮すると高過ぎます。

ペニブーストと高性能増大サプリとの比較

ペニブースト(1タイプ)とグライバル(3タイプ)との比較です。

グライバル DATA

グライバル評価

  • 価格:13600円(1カ月分)
  • タイプ:3type(錠3種)
  • 成分数:計約60種
  • 特徴・構造:3種集中作用
  • 精力実感度:★★★★★+
  • 安全・健康度:★★★★★
  • 効果発動速度:★★★★★+
  • 2ヶ月実践:+2.0cm増大

ペニブースト DATA

  • 価格:8200円
  • タイプ:1type(カプセル1種)
  • 成分数:計10種以下
  • 特徴・構造:アミノ酸メイン、動物系なし
  • 精力実感度:★☆☆☆☆
  • 安全・健康度:★★★☆☆
  • 効果発動速度:★☆☆☆☆
  • 2ヶ月実践:増大効果なし

高性能のモノと比較し損得を明確にする為、ペニブーストと最新3タイプのグライバルを比較しました。全ての面で完全にグライバルが上回っています。グライバルは3タイプ+増大特化に厳選された60種にし、3種がそれぞれ集中作用する事で体内での相乗作用力を上昇させ、全効力を飛躍的に高めています。また最新という点で成分質量や配合・製法技術をアップさせ、独自増大構造を確立させ、高い増大効果につながっています。
ペニブーストは成分構成上、旧作からトンカットアリとプロポリスを加え多少の進化がありましたが健康志向が強い構成になっただけで実感力は低かったです。値段に約5000円の開きがありますが、実際の効果、性能を考慮しても確実にグライバルを選んだ方が得です。

コメント