ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ペニス増大サプリの進化や歴史に学ぶ成功への道

ペニス増大サプリ情報

ペニス増大サプリでちんこをデカくする上で、その進化や歴史を知ることは非常に重要です。増大サプリには十数年の歴史がありますが、成分やタイプ、増大構造などの性能はかなり進化しています。
また性能は効果を指し示すと言われています。
進化や歴史の知識は、効果ありなしの判断ができ、無駄な購入・失敗を回避できるので、是非覚えておいてください。

シトルリンによりペニス増大サプリが流行る

シトルリンによりペニス増大サプリが流行る

ペニス増大サプリの始まりはスイカなどに含まれる「シトルリン」というアミノ酸の一種に精力的な効果があると発見されてから始まります。シトルリンには血管を拡張する作用がある為なんですね、その他冷え性改善やダイエットにも効果があったりします。
しかし当然シトルリンのみでは増大に至る事はありません。
その他に動物系や植物系、豊富なアミノ酸系の成分が体内で特殊な相乗作用を起こす事で増大に至るという事です。

初めてネットで広まったのはシトルリンXLというサプリ。
その名の通りシトルリン中心の成分で構成されてます。
値段は19000円付近だったと思います、かなり高価なサプリでした。
しかし成分はわずか10程度で、2019年現在では100種以上配合されたものもあるので、いかに進化しているかわかります。

ちょうどその頃、ネットでアフィリエイターという一種の宣伝屋が多く出現し、効果があると謳えまくったので、「ペニス増大サプリ」自体に火がついたんですね。
もちろん火が付いたのは「効く人」もいたからだと思いますよ。

それから色んなペニス増大サプリが出現しました。
しかしやはり成分は多くて20程度です。値段は6000円前後まで下がりましたが、性能は低過ぎでした。

昔は副作用もあったのに流行った理由

昔は副作用もあったのに流行った理由

そして一番の懸念材料は昔の増大サプリはごく1部ですが頭痛や腹痛、気持ち悪いなど何かしらの副作用があると言われていました。

今と比べ成分数は少なく、種類のかたよりもあったためと言われています。また質や配合技術も高くなかったと考えれば、サプリとは言え副作用が起こっても不思議ではありません。

当時から「バイアグラ」や「シアリス」は存在しましたが、ネットで購入するという文化もありませんでしたし、副作用があって危険というイメージもありました。だから気軽な増大サプリが流行ったわけですね。
精力剤にはない「ペニス増大効果」ももちろん魅力でした。

成分、タイプ、構造などの性能の歴史

成分60種以上の増大サプリについて

昔は色々なサプリが登場しても真新しい要素もなかったので「どれも同じ」といったイメージがあります。
例えばタイプや構造も、1タイプ(錠剤またはカプセル1種)であり、単に血流量を増やすだけで、論理的、根拠に欠けるものがありましたね。

そして2タイプサプリが登場します。
この出現で一気に増大サプリも「万人に効く」ってイメージが加速した。

中でも高性能な2タイプは組織、細胞、血流という3構造の確立し、動物系、植物系、アミノ酸系の計100種の成分の配合を大差ない値段(13000円付近)で実現した。今となっては古い2タイプだけど、当時は相当革新的だったな。

そしてその1-2年後、最もペニス増大サプリ業界に衝撃を与えたと言われる「3タイプ」が登場。
錠剤3種類にそれぞれ「3つの増大構造」の役割を持たせた。
そうする事で増大効率がグンと上がった

その後は現在に至るまで3タイプをベースとし、初心者や経験者、40over、細胞や基盤など様々な特化要素や独自要素を追加したものが人気を集めるようになった。

そして現在(2019)で、最高性能で人気のグライバルは3タイプをフルに生かす為、成分を60種にあえて絞って、3種それぞれの集中作用に特化させることで効果力や即効性、万人性を高めている。

優秀な増大サプリは、嘘の口コミを行うアフィリエイターを持ってない為、真実性も高く評価されていたが、一方でこれら売れてるサプリの名を使って、アフィリエイターが扱う古いサプリに誘導したり、優秀サプリを悪く言う「悪質なアフィリエイター」の存在が増えた事も、増大サプリの歴史を語る上でははずせない。

進化の終着は3タイプと成分60種以上【2019年】

増大サプリの進化の終着は3タイプと成分60種以上

ペニス増大サプリの歴史を知った上で、現在主流要素となった「成分60種以上」「3タイプ」について詳しくまとめてみます。
これは高性能な増大サプリの最重要の「条件」とも言われています。
なぜ高性能の条件なのか詳しく説明します。

成分60種以上(~約100種まで)について

成分60種以上の増大サプリについて

成分数が60種以上配合されたペニス増大サプリのことで、要は配合されてる成分数が多いということ。
そもそも成分数50を超えてるサプリでさえ、1割程度でわずかにしかない。

なぜ60種からなのかと言うと、ペニス増大にはアミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラルが必要と言われ、これらを十分に全て配合すると約60種は必要だろうと言われているからだ。
シトルリンやアルギニンはもちろん、すっぽん、サソリ、マムシ、コブラ、トナカイ角やマカ、冬虫夏草、トンカットアリ、亜鉛など必須増大・精力系成分は全て配合。
効果を発揮するにはその成分自体の「質」も重要。見極める事はできないが、年々進化している傾向。

なぜ精力系だけではないのか、色々な種類が必要なのかも話すと、ペニス増大サプリは毎日飲みつづけなければならない。その上で、サプリの持つ増大作用を維持する為には健康状態を良くし、効きやすい体質にすることが重要。よってアミノ酸やビタミン等の健康的な成分も要するというわけ。

また成分同士が混ざる事で引き起こされる「相乗作用」の研究がされてて、恐らく精力成分だけでは効果的ではない理由があるんでしょう。

そしてこの相乗作用力は成分数が多い程、高まるとされている。
相乗作用力は増大・精力だけでなく即効性や健康力など全ての効力に関連する。
だからこれだけ、成分数が多い方がいいって言われてるわけです。

成分数が多いメリットはそれだけでなく、脳や体内に作用する成分も多く含まれるので
快感アップや老化防止、肥満防止、発毛、快眠、美容、胃腸改善などの各成分が持つ様々な健康的な効果も期待できる。
それは同時に安全性も高いってことです!
さっきも言ったが、毎日飲むモノだから体を気遣う成分も入っていた方がペニス増大にとってプラスなのだ。

ただし!
成分数は多ければ必ずプラスではない!
多ければ当然、各成分が微量になるわけで、増大にとって重要度の高い成分も減ってしまってはマイナス。
だから成分数が多いメリットを生かす場合には、2タイプないし3タイプでなければならない。
そうすれば分散することができるのでマイナスを回避できる、ってかその事で2タイプ、3タイプが誕生したんだろうね。

1種(1タイプ)に100種詰め込んだサプリもあるが、健康効果的にはプラスだが、増大や精力にとってはマイナス要素となるってことです!

こういう事情を踏まえると、3タイプであっても成分は100種までが限界なのでは?って言われてる。
つまり、成分数は60~100種がベストってこと。

また世の中に出回っている増大サプリの大半が20種前後で、値段も同じ又は大差ない事から単純に「得だ」と言われている。

現在ネットで購入可能な60-100種の商品は

  • グライバル
  • ボルギア3
  • リザベリン
  • グロスリンα
  • ゼクナール
  • ゼナフィリン
  • バリテイン
  • ヴィトックスα Extra ※
  • ヴォルスタービヨンド ※
  • リペニア※

など。※は1タイプなので注意。マイナス要素となる可能性が高い。

3タイプについて

3タイプについて

タイプは種類、例えば錠剤とカプセルなら2タイプってこと。
つまり錠剤が3種類とか錠剤2種+カプセルとか違う構造のモノが3種類あるってこと。

増大サプリの基本構造(細胞活性、組織化、血流量)が3構造だから、3種類それぞれに構造の役割を持てる分、圧倒的に増大効率がいい

3タイプの初期は流動的に構造に作用していくもんだったが、最近のはポイント毎に集中して作用させる構造。
3種一気に飲んだ時に体内で起きる相乗作用が高作用する。

上でも言ったが、3タイプであれば必然的に成分数は多くなるし、配合量も多い
それは相乗作用に繋がり効果に直結する。

世に出回ってるサプリの9割が1タイプだな、2タイプはまだしも3タイプは殆ど存在しない
3タイプだと製造されるのに1タイプ、2タイプと比べたらコストかかってるだろうけど、他と同じ価格ってとこが評価できる。

現在ネットで購入可能な3タイプの商品は

  • グライバル
  • ボルギア3
  • リザベリン
  • グロスリンα
  • ゼクナール
  • バリテイン

がある。
何百種とあるサプリの中でも、これだけしか販売されていない。
それだけ1万くらいで発売するには独自の研究、開発が必要になり実現が難しい事なのである。

逆に言うと今後これらの要素を持っていなければ勝負にならないということでしょう。
増大サプリを選ぶ際、成分やタイプ、構造は重要な要素であり、購入前にわかるので必ずチェックしましょう。

コメント