ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ペニス増大サプリの説明書【通販ショップで購入前に必読!】

ペニス増大サプリ情報

通販や市販のペニス増大サプリの検証や寄せられた情報から明らかになった増大サプリの「絶対に知るべき真実」をまとめます。失敗せず効果を出す為に役立つ情報です。

ペニス増大サプリで本当にちんこが大きくなる

増大サプリで本当にちんこが大きくなる

約60種以上の増大サプリを飲んでペニス増大・勃起効果があったのが1-2割くらいだった。
殆どのサプリが効果なし!
って結論になりますが、中には2か月で2cmを超えるサプリもあったので、
効果があるものは中には本当にある!
ということです。

そしてこのサイトの意義でもあるタイプ、成分、構造、価格、発売時期の「性能を比較」してみると、
性能が高いものがペニス増大・勃起の効果がある!
という最終結論に辿りつきました。

ペニス増大サプリはどのくらいの期間でどのくらい効果があるのか

増大サプリはどのくらいの期間でどのくらい効果がある

実践したサプリは殆どが約2か月間ですが、効果がなかったものの中には2か月以上やれば増大あるいは高い勃起効果が得られたかもしれません。
2か月は効果を見極めるには早いと言えば早いラインかもしれません。
ただ、実際自分が金払って増大サプリを飲むとなった時、2か月何の効果も見られなかければ止めてしまうラインだと思います。
それに、知識や経験がついてくると「これ以上やっても無駄」というラインでもある。

性能=効果という結論を出してますが、逆に言うと性能の高いサプリであれば、もう1-2か月粘ると効果が出る、あるいはもっと効果が出るだろうと感じたものはいくつかあります。
どのくらいの期間やるべきかは、とりあえず2-3か月でそこからは効果がみられれば継続というスタンスがベストでしょう。

どのくらい増大するのかは、もちろんサプリによって異なります。
比較表の結果を見てもらうと分かる通りで、増大効果があったものは0.2cm~グライバルの2.0cmが最高でした。
1か月で0.5cm、2か月で1.0cm上回ってくるだけでも効果が高いと言えます。

ただ注意点は、「ただ毎日飲むだけ」ではありません。
検証したサプリに対し、効果が出やすい、又はアップするとされる、食事や運動、チントレ、オナ禁等して血流状態を良くし、効きやすい状態を創ることに専念してます。
その努力をしている上での、効果があった・なかった結果です。

結論は高性能なサプリを使ったとして、年齢や体質などは違うとしても
2-3か月で1-2cm
が妥当な数値だと言えます。

ペニス増大サプリは年齢や体質、経験に効果が左右される

増大サプリは年齢や体質、経験に効果が左右する

実践してき自身や知人の年齢や体質、経験(開始前)はバラバラなので、それについての情報もとれました。

効果には
影響ないわけではないが、それより
サプリ自体の性能の方が重要であり、影響される

ということです。

まあそれ「飲む以外の努力」を入念にしてたからかもしれません。
信憑性の高いサイトの情報では、年齢や体質ではなく
「いかに血流がいいか」に効果は左右される
と結論づけています。

確かに年齢を重ねていれば血流が悪くなるという説でいくと年齢によって効果は影響されると言えるし、食生活の偏りとか運動不足などがありますから。
また太っていればそれだけで血流が悪い可能性は高いです。
そういった意味では正しいでしょう。

ただし、改善すれば関係ない!ということもは忘れずに。

サプリ自体を長い期間飲んでいた経験があれば、体が反応しやすいことはあります。
言わば「態勢が出来てるか」というところで効果に差があるかもしれませんが、微々たるものだと思います。
それより、例えば、サプリ選びとか飲み方とか、効果アップ法とか攻略法みたいな、「経験によって得た知識」が役立つことは多々あるので、それが効果に影響することは当然あると思います。

ペニス増大サプリの効果はシトルリン量とは関係なし

シトルリン量は増大効果に関係なし

これまでいくつも目にして、そして検証してきた「シトルリンの量などを推す」サプリ。
未だにペニス増大サプリや精力サプリ(勃起効果メイン)の公式や宣伝ページに「シトルリン」の出現率が半端ないです。

シトルリンとは何か、簡単に言うと体を構成するようなアミノ酸
アルギニンも有名だけど、はっきり言って一緒!
シトルリンは体内に入ると、アルギニンに変換されるんです。
違いはその変換される工程の血流作用に価値があるんだろうけど、、、
全くもって不透明です!
試しにアルギニンメインのサプリとシトルリンメインのサプリ飲み比べたことありますが、全く違いがわかりません!!
まあアミノ酸自体、形あるものじゃないというか実態ないようなものだから、飲んでスグどうこうってものじゃないんです。
効いてる実感はほぼわからないですよ。

レッドブルとかアルギニンドリンク飲んで、はっきりっと「精力に効いてる」なんて人いないでしょう。
アミノ酸には動物とか植物とか形ある成分が加わったり、筋トレととチントレとか、何か別の力が加わって本領を発揮するものです。
それは量が多少増えたからと言って同じ。むしろ取り過ぎに注意した方がいいってくらい。

ペニス増大や勃起においては、もちろん必須な成分の1つなのは間違いないですけど、入ってて当たり前くらいの存在。

何でこんな有名になったかって言うと、2007年頃?シトルリンの成分解禁がだいだい的に発表されてから爆発的にサプリ業界に広まる。
血流作用があることから、精力系だけじゃなくダイエットや運動、筋肉サプリにも使われてます。
その名残が今日まで続いてるわけですね。
コスト的にも大したことないから、かなり業界的には美味しい成分なんです。

しかし所詮アミノ酸なので、体質環境を創るってもんです。
ペニス増大、勃起しやすいような体質を創る1成分ってことです。

ペニス増大や勃起効果を得るには、多くの成分による相乗作用の力が必要不可欠

シトルリン=増大ではないし、
量によって効果が高くなるわけでもない
ということ。

あと実践上、わかったのはシトルリンを売りにしてるサプリは、性能が低いものばかり!
つまり効果が低いものばかりでした!
それが全てを物語ってます。
そこに力を入れて、他が手薄になっているのか、そんな正当な理由ならいいですが、
売れるようにシトルリンという名前を使って、低コストで作れるものにする。という意図があるのではと思う程。

なのでシトルリン量を推すものがあれば、怪しむかスルーすることをおすすめします。
入ってて損はもちろんないですよ。むしろ必須です。
ただシトルリンの質や量に惹かれてサプリを選ぶと痛い目見るという話です。

亜鉛にも注意!

亜鉛も認知度があり人気の成分です。ネットで「精子量が増える効果がある」と言われているからでしょう。
しかし増大サプリにおいてはたいてい微量しか配合されてないので、なかなか効果を実感できません。
ただペニス増大にはアミノ酸や動植物成分と同じように亜鉛に含まれているミネラルが必要不可欠です。増大するような体質を構築する基礎作りの役割があります!

実践した限りでは、動物系メインとしてるサプリや3タイプなどの高性能サプリは高い実感があります。
またDHCなど亜鉛をメインとしてるような健康サプリでも精子量が増える実感がありますが、かなり漠然としたものだし、勃起に効いたりとかはないので、それ以上を求めてはいけません!
オナ禁したりすれば効果は上がります。

ペニス増大サプリの効果がある成分【配合されているべき】

増大サプリの効果がある成分

サプリにおいて効果なり全てを司るものはやはり成分、またはその構成だと思います。
ただ体の一部を一時的にでも大きくするとなると、この成分が入ってればいいという単純な話ではありません。
計算された成分が必要となり、それぞれが体内で混ざり合って成り立つものです。

その勃起や増大に必須となる成分構成について軽く説明。
当サイトでも増大結果が出た全てにあてはまっている成分構成は

  • アミノ酸→増大体質を構築
  • 動物系成分→精力部分の強化(強)
  • 植物系成分→精力部分の強化(弱)+安全性確保、健康状態向上
  • ビタミン、ミネラル→安全性確保、健康状態向上、状態維持

で構成されてたものなので、これをペニス増大サプリの定義と呼ばれています。

なぜ健康や安全性の成分が必要なのかは、毎日サプリを飲み続けること、効果が出るように体内で作用させることは少なからず体に負担をかけます。
そこに対して安全性を高める為です。
また健康状態が良いことは効きやすくする為です。
更に「この状態を維持」していく為に必要ってわけですね。

言ってしまえば全部必要なのですが特に必要なのは、やはり動物系成分です。
成分ではシトルリンやマカ、亜鉛が精力成分として有名ですが、すっぽんや蛇系、トナカイやオットセイなど、生物・血のパワーにはかないません。
なのでハブ酒だとか、すっぽん鍋だとか精力のつく食べ物として有名ですが、その通りです。

重要度的には、精力・増大力に関しては
アミノ酸<植物系<動物系

健康・安全性に関しては
動物系<植物系・アミノ酸(成分による)

となります!

成分数についてですが、これらの種類を揃えるには20種程度のサプリならば揃ってるものがありますが、正直それでは少な過ぎます。
成分数は多い方が体内での相乗作用力が高まるので、火力や即効性など全ての効果力が高まります。

効果が高いものを成分で見極めていく方法としては、アミノ酸、動植物、ビタミン、ミネラルが全部入ってるのを確認するだけでもいいです。
実際何の量が多いとかは表記されてないのでわかりません。
ただ箱の裏とかに成分がかかれてるので、その表記順は成分量が多い順になってるので見ておきましょう。
3タイプであれば、必須なものは全て入ってるし量も多いから気にする必要ないです。

最も効果の高い成分数

最近では200種など配合されたものもありますが、果物や木の実など増大にとって重要度の低い成分が多く入ってるものがあるので注意しなければなりません。
またヴィトックスα Extraのように錠剤やカプセル種1種に100種を詰め込んだものがありますが、そうなると1成分自体の量が相当な微量となり、利点を活かせず逆にマイナスとなります!
2タイプかベストは3タイプであれば、量を落とさず相乗作用力を十分に高められるでしょう。
成分数は60種から100種くらいがベストです!それ以上増えると、3タイプであってもマイナスとなる可能性があります。

では3タイプ前提で、60種か100種どちらがいのかは難しい判断です。
基本的には100種の方が、相乗作用力が高いので火力は高くなったり、期待できる効果の種類も豊富です。
ただ2つを比較すると、余分に多い成分は殆ど健康的な成分なので、精力効果は変わらず健康的効果が上回ることが多いです。
勃起や増大など精力効果は、新しさや配合・製法技術、それによる構造により差が出るでしょう。

実際にグライバルとボルギア3を比べても成分数はボルギア3が上回りますが、効果力は新しいグライバルが上回ります。
それ成分100種が持つ相乗作用力以上の効果を出す為に、成分をあえて60種に絞り、技術や構造に拘ったと書いてありましたね。
これってやはり「新しさ」による技術の差があるんじゃないでしょうか。

ペニス増大サプリの飲み方で効果が変わる

増大サプリの飲み方で効果が変わる

錠剤またはカプセル1種の場合は何錠飲むかだけですが、2種(2タイプ)や3種(3タイプ)の場合は「一緒に飲むのか」「2回に分けて飲むのか」など、どう飲むのかは記載されていない
これまでの60種以上の実践により、どう飲むか、用法の錠数はどうするかで効果が確実に変わってくることがわかっています。

基本的には用法の記載があるので、用法通り飲むことになりますが注意点もあるので説明します。

まず1タイプの場合、例えば「1粒~3粒を目安に」などという記載があります。
ペニス増大サプリは1箱=1か月分なのが基本ですが、用法の上限(例では3粒)で飲むと1か月もたない場合があります!

用法の上限以下で飲むと(例では1-2粒)、1タイプはただでさえ効果が低いので、更に効果は低くなり効いてる実感は殆どなくなります。
2000円くらいなど、極端に値段が安ければ1か月確実にもつ分量を買うのもアリですが、高ければかなりの損になります。

またクレームを入れた時の業者の言い訳の為に(毎日上限で続けたか)、わざと用法通りで飲むと1か月もたない策略の可能性も考えられます。
実際の実践でもいくつかあったので、1タイプには特別注意が必要です!

2タイプ(錠剤+カプセルなど)の場合は、1日2セット(1日4粒×30日 120粒入り)が殆どでしょう。中には1日2粒ってやつもあるかもですが、性能が良い2タイプは基本1日2セットのはずです。1日計4錠摂取するので、2タイプと言えど火力は高いという意見もあります。実践でもゼナフィリンは2か月1.5cmを超えてます!
飲み方は1セット(錠剤とカプセル)を午前と午後に分けて絶えず作用させた方が良いという意見が殆どだが、4錠一気に飲めば火力は高まるといった意見や同種(カプセル同士と錠剤同士で)を2錠ずつに分けるなどの意見もある。

3タイプは3粒(30粒×3種計90粒)なのでそのまま3錠一気に飲むのが効果的。それぞれが集中作用する事で、目的の構造に対し作用させやすくする為や体内での相乗作用力を高める為、一気に飲んだ方が良い。

1タイプの飲み方で補足だが8錠とかよっぽど多くない限り、一気飲みの方が火力が上がる
1日の摂取錠数が多いと火力は高まる、だから1タイプは用法の上限で飲むべきだし、成分構成上、安全性が高いなら火力を出す為に用法超えもすべき!と言われているくらいです。

増大サプリの副作用や危険性

増大サプリの副作用や危険性

あくまでサプリなので副作用とか危険!とかは考え過ぎです。
↑の成分のとこで触れていますが、ペニス増大サプリの定義となっている成分構成(アミノ酸、動植物、ビタミン、ミネラル)であれば、逆に健康効果も高いくらいです。

はっきり言って、ペプチアやプロキオンのような多少の精力と健康目的のようなサプリと比べても、増大サプリ(高性能)の方が明らかに健康力は高いです。

ただ増大サプリの中で軽い頭痛、軽い腹痛、体が重いくらいの副作用があったものもありました。
それは1タイプだけでしたが、成分構成がほぼ動物系のみとか、植物健康成分やビタミン、ミネラルがないって場合だと副作用が起こる可能性はあります。
動物系は精力効果の火力は高いですが、その分を緩和する成分が多く必要となってきます!
それによってマカやトンカットアリなど植物系の精力成分が主役になったんですが、確かに安全性は高いですが火力が弱いというデメリットがあり、結果、長期間飲んでいって勃起にだけに効果が多少あるレベルに留まり、ペニス増大の範疇から消えた、と言われています。つまり何かに偏るのではなく、全部必要ってことですね。

ペニス増大サプリが出回り始めた頃は、軽い副作用があったって話もけっこうあります。
つまりその頃は1タイプしか存在してなく、かつ上記で言った成分構成のもの(動物系中心とか緩和成分なし)が多かったので、少なからず副作用もあるし、勃起効果だけって言われてたみたいです。

そして実際今(2018)でも、実践でそういった成分構成のものもあったし、やはりそういった副作用があったのも事実なので注意しなければなりません。
↑で火力を上げる為に、用法超えという技があると言いましたが、そういう場合(1タイプで偏った成分構成)には使わない方がいいです。

海外産のサプリは危険

ごくわずかですがネットで出回る増大サプリの中に海外産のものが交じって露出してることがあります。
詳しくは次々項↓で説明していますが、副作用については日本では使用されない成分や厚労省から劇薬に指定されているヨヒンべなどの成分が配合されてる場合があるので注意です。

もちろんアメリカなど海外産もサプリの販売において検査は厳しく安全性は高いと言われますが、日本人の体質に合うかという面において副作用の危険は伴うと考えておいた方がいいです。

薬局・ドラッグストアなど市販の副作用に注意

薬局やドラッグストアにもDHCや小林製薬のシトルリンやマカなど精力を目的としたサプリは置いてあります。
それらは全く問題ないのですが、実はEDや勃起に効果的な医薬品が置いてあります。

金蛇精や強力バロネス内服液、プリズマホルモンといった第一類の医薬品がありますが、これらはバイアグラ程ではないですが(効果も)使用や副作用に注意が必要です。
特にストルピンMカプセルなど要指導医薬品は効果が高い分、副作用のリスクも高いです。
厳密に言えば、ホルモン減少を補い更年期障害に効果的なものなので、ED改善や勃起効果はそこまで高くないです。

楽天やamazonのペニス増大サプリ

楽天やamazonの増大サプリ

楽天やamazonに良いサプリはないか、安く買えるのではないかと気になる人が多いと思います。
しかしながらほとんどメリットはありません!

有名な増大サプリがあったとしても多くは個人または業者による転売です。2-3千円高く設定されてることがほとんどです。公式ですら出品してる場合もありますが、やはり高く設定してますね。
なので公式ページが最安です。

高い理由は出品手数料などの関係で高くせざるを得ない、高くても買う人がいるからでしょう。
なぜ公式より高くても買うのかは、カードが使えるからくらいしか思い当たりません。

また増大サプリには返金保証や+1個無料、複数割引など何かサービスがあることも多いですが、こういったサービスは適用外となるだけでなく、配送上や使用上に万が一トラブルがあってもどうしようもないので、はっきり言って公式以外から購入するメリットはなく損です!

逆に転売側はサービスを上手く利用すると、小銭稼ぎにはなりますね!
例えば14000円くらいのサプリが、5箱購入すると1箱辺り1万円切る割引率になるものがあります。それを定価で売れば手数料ひいても5箱全部売れれば1万円近くになる!新商品や評価が高ければ、気持ちでも安くすれば売れるでしょうね。

またamazonや楽天では普通にネット検索したのでは(ランキングや比較、おすすめサイトなど)お目見えしないサプリなんかもあります。
ただ海外産の増大サプリであったり、50000円付近の安い低性能なサプリであることが殆どです。
海外産ついては次項で説明してる通り危険が伴います。
また知名度のない誇張が激しい安いサプリにおいても、1タイプで成分数が少なかったりと性能的に低過ぎで効果なしでしょうね。

amazonや楽天で購入する際は、商品のことをよく知った上で、サービスも利用する意味なく公式よりも安ければ正解だと思います。

アメリカなど海外のペニス増大サプリ

アメリカなど海外の増大サプリ

海外のペニス増大サプリはネット上ではそんな数はありませんし、目立った宣伝活動もないようです。
当実践サイトでもペニトリンとメガマックスウルトラぐらいです。逆にこの2つはネットでアフィリエイターも多く露出度も高いですね。

あとは調べてみると、アマゾンやその他ショッピングサイトに、マキシマムグロウ、プロソリューション、ハーバルビリリティー、エクステンド、ペニソールなどといったものがあるようです。
ペニス増大の枠ではないですが、NOW社のシトルリンやアルギニンサプリも海外系サプリです。

これら海外系サプリは日本では直接購入することはできず、個人輸入代行という代行サイトを通して入手することになります。なのでインドや中国、香港、アメリカ等、海外から直接送られてきます
その為、届くのが遅い、払ったのに届かない、偽物じゃないか?といったトラブルが起こる可能性もあります!
バイアグラ等のED治療薬は特に多いと言われています。
また個人輸入代行は無数にあり、有名商品だとどこも取り扱ってて、値段が違うのでどこで購入すれば安全なのかは難しいところです。

増大サプリの場合は取り扱ってるところも少なく、そういった話も聞かないので安全だとは思いますが、リスクがあるってことは頭に入れといた方がいいです。

さて本題の効果ですが、調べてみると成分構成に特徴というか共通点があります。
殆どがシトルリンやアルギニンをメインにしたサプリばかりで、それに植物系の成分を少し足した感じです。
成分数もどれも、10種前後でかなり少ない!性能で言うと最下層のレベルです。
アミノ酸重視にしてるので、筋肉や体自体の活力を重視したもの、そもそも「ペニス増大サプリ」という概念はないでしょう。
勃起を重視してるとも思えません。
成分構成は日本の「サプリでペニス増大」の定義とは全く異なりますね。

更に英語サイトなども見たりして詳しく調べていくと、日本ではペニス増大サプリがベースにあって、効果アップにチントレや運動などのトレーニングがあるって感覚ですが、海外ではペニス増大や強化といった場合には、ベースにサプリがあるのではなく、
器具や鍛える行為があり、サプリはあくまで効率を上げる補助
という感覚のようです。

海外と言うと、なんとなく成分量が多く入っていて効果が高そうなイメージがありますが、タイプや成分など性能で言うとかなり低いし、日本が技術的に進んでると言えるでしょう。
当サイトの実践でもペニス増大効果はもちろんなく、精力効果自体も低い結果が出てます。

それと中には日本で劇薬に指定されてる成分が配合されてたりってものもあったので、危険度もあるし、成分構成上、安全性が低そうです。少なくとも日本の高性能サプリのように健康効果にも評価できるようなものはなさそうです。
結論、ペニス増大にしても勃起にしても、全く海外のサプリを使用する必要はないということです。

ペニス増大サプリのおすすめ【ランキング、口コミ】の罠

増大サプリのおすすめ、ランキング、口コミの罠

ペニス増大サプリの検索時において「おすすめ」というワードを使うのは危険です!
なぜなら、出てくるサイトはほぼアフィリエイターサイトだからです。

要は販売業者から金もらって宣伝しているだけなので、請け負ってるサプリしかおすすめじゃないってこと。
売れても金にならないモノを宣伝してもしょうがないですからね。
売らなくてはならないので、効果がなかろうが「増大した」「勃起が凄い」「めっちゃ効く!」など当たり前ってわけです。
そして自分に入る報酬額が高いサプリが1番に「おすすめ」になるって仕組みです。
ランキングサイトであれば、効果の高い順ではなく、入ってくる報酬額が高い順に並べられてるわけです。

ランキングや比較サイト、口コミや体験サイトは多く存在しますが、出てくるサプリは同じモノばかり、という事に気づきます。
実際はペニス増大サプリは何百種と存在しますが、同じサプリばかり登場しているというのは、販売業者がそれだけ多くのアフィリエイターと契約してるからです。

どのサイトを見てもおすすめにされていれば効果があるものだと思うし、露出が多ければ有名だから大丈夫と思い込んでしまう。
つまり他のサプリを知らぬまま、選んでいるってことになります。
これがペニス増大サプリで失敗する最大の理由
年齢や体質、経験、飲み方、効きやすくする為の努力など、そんなこと以前にやる前から失敗しているってわけです。

ではアフィリエイターがおすすめしてるサプリはダメなのか?、良いモノであれば問題ないって思いますね。
それを実践で検証すべく、この比較サイトが誕生した理由の1つでもあります。
あくまで効果は二の次で、単純に商品として良いモノなのか、他と比べた時どうなのか!ってこと。

タイプ、成分や構造、価格、発売時期など商品自体の「性能」を比較すると、
こんなにも違うものなのか、飲む前から損得がでかいなど色々なことがわかりました。
なぜ効果があるのか、なぜないのかも性能を見る事でわかったりします。
そして最も大きな発見は性能=効果ってことでした。

話がそれましたが、トップの比較表を見ると分かる通り、
よく目にする有名なサプリは、性能が低い
ものが多い
です。
1タイプだったり、成分数が20種前後、値段が高性能なものと変わらなかったり古過ぎたり

増大サプリの知識なく、おすすめに推されてるものを信じると損する確立は高いです。
とりあえず他人が言う「おすすめ」は総シカトするか、まずは性能を確認してみましょう。
性能が低いものばかりであれば、調べた中から無理に選ぶ必要はありません、もう少し情報収集に専念した方が良いです。
そして他人が言う「効果」は二の次です!

ペニス増大サプリで効果なし【失敗】の理由

増大サプリは効果なしの理由

サプリ選びの段階で失敗してる場合が殆どでしょう。
広告やランキングサイト、その他特定のサプリを推すサイトには注意して、性能が高いものを選ぶ事が重要です!
性能は購入前にわかる情報なので、失敗のリスクを減らせます。

次にある程度性能の高いサプリを使用したのに増大しない!効果なし!って場合です。
やはり、ただ飲むだけでは性能がいくら高くても厳しいと思います。
若くてよっぽどの健康体とか、薬でも何でもスグ効いちゃう人とかだったら飲むだけでも増大可能かもしれませんが、通常は努力なしに増大はないでしょう。
「効果が出やすい状態」でいる努力を毎日することが重要です。

効果なしに陥らない為にすべきこと

詳しくはペニス増大する初心者がすべき確実な方法にまとめています。絶対に参考にして下さい!

年取ってようが、デブだろうが何だろうがまずは「血流が良い状態」に持っていく事が第一歩になります。
食事改善や運動はもちろん、本気なら禁煙、禁酒も妨げになるので必要です。

次に経験。これは補えないので仕方ないですが、最低2-3か月やるよ!っていう意気込みが必要。
全くの初心者だとサプリや薬など、こういったものを飲んで、体内が働くってことに慣れるのに時間がかかります
血流が悪い程、時間がかかるので、良くしてから始めるってのもアリです!(高性能サプリはもちろん体内を健康状態へ改善する効果もあります!)

あとは効果アップにつながるトレーニング。チントレといっても実に様々な方法があります。器具を使えば効率がアップするし、ミルキングやジェルキング、PC筋トレなど2種くらいを5分でも毎日やって、サプリの血流作用にプラス作用を働かせることは重要です!その他、オナ禁やツボ押し、ペニス周辺の土台を鍛えるスクワットなども微力ながら効果アップにつながるでしょう。

2か月くらい努力してもまだ効果がない!もっと即効性を高めたいといった場合は、高性能サプリ同士の「飲み合せ」(1日2種飲む)って技もあるし、バイアグラやジョナリスなど確実に勃起効果のあるED治療薬と併用して膨張作用を利用する技もあります!

簡単に諦めない事も肝心ですね。
ペニス増大は使うべきサプリを使ってようやくスタートに立つ感じです。
それは60種以上のサプリを実践して、2か月間効きやすい状態創り、効果アップの為の努力をどのサプリに対してもしてきたことでわかったことです!

コメント