ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ペニス増大サプリに配合必須の成分【要事前確認】

ペニス増大サプリ情報

長年のペニス増大サプリの検証実践で得たデータから、配合されているべき必須の成分を紹介します。
増大効果は商品の性能次第と言われています。その性能とは、成分(構成、質、量)、タイプ(構造)、発売時期のことです。

その中でも成分は効果を左右する重要な要素です。いくら販売実績があろうが有名だろうがその真偽が見抜ける要素なのです。
成分は購入前に商品の公式ページや情報サイトで確認できるので、未然に失敗を防げます。情報サイトの場合は嘘の可能性もあるので、箱の裏の画像があると確実ですね。

アミノ酸系【増大体質を構築】

増大体質を構築するアミノ酸系
アミノ酸は体を構成するのに必要な成分であり、それだけでは精力実感は低く即効性もないが、いわば「増大の為の体質」を作るのに重要。
主に成長ホルモン分泌を促進し、血流を良くする指令を出す役目。

シトルリンやアルギニン、オルニチンやトリプトファン、リジン、バリン、ロイシン、イソロイシン、デキストリンなど精力に影響するものや正常な体質を作ったり、神経に作用するなど健康に関わるなど多くの成分があります。
アミノ酸は他の成分と組み合わさることで意味を成すものも多く、言わば増大にとって必要不可欠な基礎成分です。10種以上は配合されてるものを選びましょう。

シトルリン

その中でもシトルリンは有名ですが、ペニス増大サプリにとって重要度はさほど高くありません。他と同じようにあくまで増大体質の構築に必要な一成分であり、決してその量や質で勃起や増大効果に大きく影響する成分ではないです!
多くの増大サプリがシトルリンを推しており、そこに拘ると失敗する可能性大です。

植物系成分【精力と健康、安全性を高める】

精力と健康、安全性を高める植物系成分
精力や健康の両効果を持つ成分が多いです。更に安全性も兼ねそなえています。
動物系の精力成分だけでは安全度が低い為、精力度を上げつつ、緩和し安全度を高める為に配合される。

市販・通販のペニス増大サプリでは植物系成分を配合した商品が1番多いかもしれません。
動物系を含まず植物系(+アミノ酸など)で構成された商品が多いですが、動物系は増大・精力効果の為に必須です。動物系成分と比べると精力的な実感や効果はかなり低いです。
アミノ酸と同じようにそれだけでは増大は成立しないことは覚えておかなければならない。

マカ

精力増進や疲労回復に有名なマカ
マカに含まれるマカアルカロイドやデキストリンがペニスへの血流量を増やし、ペニス増大や精力増進にも効果を発揮する。
またニンニクに多く含まれるビタミンB6と接種する事でより一層の効果が期待できる。

トンカットアリ

「森のバイアグラ」と言われる程、最近のペニス増大サプリには必須のトンカットアリ。成長ホルモン分泌促進の効果が飛びぬけてあるとのこと。
ペニスへの血流量を増やし、精子の量を増やし固い勃起、勃起不全の改善が期待できます。

ガラナ

南米に存在するハーブの一種。ガラナに含まれるカフェインはゆっくりと吸収されるため、スタミナ増強や滋養強壮などに効果があるとされいます。

冬虫夏草

細胞の代謝が活発化させる効果があるのでペニス増大には必要不可欠の冬虫夏草
免疫力の向上、老化防止、美容など様々な効果が期待できる優秀な成分。

ソフォン

赤ガウクルアとも呼ばれ、「天然バイアグラ」とも呼ばれEDや勃起関連の効果があるが、精力実感は低く即効性はない。

ボロホ

ボロホはアルギニン等のアミノ酸が豊富で、血流促進力が強く、また神経作用の効果もあるので勃起力、ED改善の期待度が高い。

ムクナ

ムクナはLドーパという成分を含んでおり男性ホルモンを活性させ、興奮作用を高める効果があり、勃起しやすい状態にしてくれる。

田七人参、高麗人参、ヒマラヤ人参、朝鮮人参

中国の人参系は血流を増やす効果や胃腸改善など健康的な効果も発揮する。

カツアバ

カツアバは神経に高作用しやすく、血流を改善し、血をペニスに運びやすくする為、EDや勃起力に能力を発揮します。

エゾウコギ

エゾウコギは血流を正常にし免疫力を高める役目や、脳神経を活性させる役目があるので、ペニスへ血流を流す指令を出すのに効果的であったり、増大体質を形成するのに必要。

ヨヒンベ【注意喚起】

ヨヒンべはアメリカ食品医薬品局(FDA)により性欲促進薬として承認さています。ペニスへの血流量を増やし、固く太い勃起形成が期待できます。自然界に存在する最強の媚薬とされています。

しかし、日本ではサプリに配合することを禁止されている劇薬指定の成分です。つまりヨヒンべを配合してるものがあれば、それは海外産のサプリということです。
効果は高いかもしれませんが十分注意しなければなりません。

動物系成分【増大・精力向上】

増大・精力向上の動物系成分
動物系成分が多く入っていると、精力実感は高く、即効性にも期待できる。ただし健康・安全度が低く、副作用を引き起こす可能性も高くなる。ペニス増大の為には動物系精力成分は必ず必要となってくるが、同時に、多くのアミノ酸や植物成分を必要とし、毎日飲み続ける安全度を高めなければならない。

トナカイ角エキス

トナカイ角は漢方では鹿茸(ろくじょう)と呼ばれて強精、貧血に効く生薬とされており、アミノ酸の作用によりED改善成分として注目されています。

コブラ、マムシ、ハブ、蛇丹

蛇系は豊富なアミノ酸を含み、細胞の活性、代謝良くするのに加え、血管を拡張し、強精効果を発揮する。

馬ペニス、馬睾丸

馬系は豊富なアミノ酸を含み、男性ホルモンの活性させる。
精子量のアップやED・勃起力の改善、運動機能の作用も優秀でスタミナアップにも効果がある。

クジラエキス

クジラはドコサヘキサエン酸(DHA)など脳を活性する成分を含み、脳細胞の活性や高血圧や動脈硬化の予防など血流改善の効果もある。

すっぽん

すっぽんは良質なたんぱく質を含み、肝臓や腎臓に作用しやすい。
また血流の正常化、鉄分を多く含んでるので精子量のアップ効果もある。

タツノオトシゴ

タツノオトシゴは豊富なアミノ酸を含み、男性ホルモンに作用し精力アップやED改善効果がある。

ヤツメウナギ

ウナギは豊富なビタミンを含み、肌荒れ改善や眼病予防、疲労回復などの効果がある。蟻 肝機能の改善や免疫力を高める他、精力アップ効果もあると言われる。

その他の成分


ペニス増大サプリにはこれらの成分だけでなく、ビタミンやミネラルといった健康の維持などの成分も必須です。
毎日飲み続けるものだからこそ、安全を高める必要がありますし、健康維持が効きやすい状態にしてくれます。
つまり増大作用を維持するのに大きく役立ちます。

ビタミン群

体内や肌、脳など日々の健康をサポートしてくれてます。ビタミンの種類によって効果もかわってきます。多く入っていた方がいいですね。

亜鉛

精力増進には必須の成分。成長ホルモン分泌を促進し、精子の量を増やす役割があります。
亜鉛は主に牡蠣に多く含まれる。アミノ酸と一緒に吸収する事で効果がアップ。

成分は多い方が効果が高い

成分は多い方が効果が高い
上記の成分全てを網羅しているとなると、成分数計50種以上のものでないとなりません。
成分数が多ければ体内での成分同士の相乗作用力も高まり、効果も高くなります
成分数が多く1タイプでなければ(1タイプ1成分が微量の可能性が高い)精力効果はもちろん、精力以外の様々な成分が持つ健康的な効果(サブ効果)の期待値も高い。

コメント