ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ペニス増大方法【増大サプリや増大器具、自力、手術の効果】

ペニス増大方法

ペニスを増大させる方法では、ペニス増大サプリを初めに試してみるのが一般的ですが、他にも「増大手術」「増大器具」「チントレ」という術があります。
どれで行うにしろ、知識がなければ失敗や損となります。そうならないよう、この4つの方法を解説します。

ペニス増大手術の効果【高危険度】

ペニスの増大方法の一つとして「外科手術」があります。
危ない、バレる、高額といった不安を伴う手段であることは事実でしょう。
一番は元に戻る可能性があるので、オススメはできません。
どうしてもペニス増大は医者だ!という方の為に、一応紹介します。

外科手術にもいくつかの種類があり、手術方法によってはバレずに済む方法もあります。

埋没陰茎長茎手術

埋没陰茎長茎手術

この手術のメリットは確実にペニスを長くすることが出来るという点です。
簡単な概要としては、中に入っているペニスを引っ張り、固定するという考え方に基づく手術です。
ペニスの付け根を2〜3㎝切開し、ペニスを引っ張りだし固定するというものです。
切開するということからもイメージしていただけるとは思いますが、傷跡が残るという点、また手術後は一ヶ月ほど運動をすることができません。
費用も20〜30万円ほどかかります。

脂肪吸引式長茎手術

次に「脂肪吸引式長茎手術」を紹介します。
この手術も埋没陰茎長茎手術と同じように、確実にペニスを長くすることができます。
埋没陰茎長茎手術とは反対にお腹をへこませることで、ペニスを長く見せるという方法です。
しかし、肥満体型の方にしか施術をすることができないというデメリットがある手術方法で、誰にでも出来るわけではないです。
また、費用に関しても25〜40万円ほどを要します。

亀頭増大手術

亀頭増大手術

次に「長さではなく、太さが気になる。」という方に「亀頭増大手術」を紹介します。
この手術は、最も手軽と言われている手術方法です。
まず費用が5〜10万円程度で済んでしまうこと。そして、注射で亀頭部にコラーゲンやヒアルロン酸を注入するという手術のため、傷跡が残りません。
しかし早い期間で元に戻るのが最大のデメリットですが、最近では、非吸収タイプの「アクアミド」や「バイオアルカミド」を注入することで、注射の頻度を減らすことも可能になっています。

このように手術にもいくつかのタイプがあり、高確率でペニス増大はしますが、病院の選択等を間違えてしまうと高額な金額を支払うはめになったり、すぐ元に戻ってしまったりするリスクがある事を忘れてはなりません。

ペニス増大手術まとめ

ペニス増大手術まとめ

手術は大抵以下の3種類

  • 全体的な大きさアップの陰茎増大手術
  • 亀頭だけの大きさアップの亀頭増大手術
  • 竿を長くする長茎手術

のどれか、あるいは全部やることも可能。

  • 手術といっても長茎術以外は注入治療なのでメスは使わない。
  • 治療時間も1時間以内、痛さはなくすぐに退院できる。
  • 3週間程度はセックス、オナニー禁止になる。
  • 相談、カウンセリング、アフターケアは無料
  • 費用は5万程度

体験者の情報などからは永久的な効果も中にはあるが、基本、ちんこの大きさが元に戻ってしまう
と考えた方がよさそうだ。
更に、費用が5万と書いてあっても、これもあれもやった方がいいと言いくるめられて10万以上払うケースが殆ど。
もちろん事前に確認するが、医者に言われるとやった方がいいと思い込んでしまうらしいな。
不安要素が多くちんこを手術で大きくするのは簡単と言えないだろう。

ペニス増大器具の効果【チントレ効率化】

ペニス増大方法の一つとして、「器具を使用する。」という方法がありますが、以下のような特徴があります。

  • その器具を正しく活用すること。
  • 継続的に使用を続けること。
  • ペニスが傷つく危険性。
  • 元に戻りやすい

ペニス増大の器具には有名なアンドロペニスやメイルエッジ、増大ポンプのパワーゲージやミスターハイなどがある。
アンドロペニスは装着型矯正器具のようなもので、ペニス自体を鍛えるもの。これ自体の効果期待値は低いが、増大サプリの血流促進効果は優秀。しかし、高額であるのと毎日装着しなければならない違和感、続ける根気が必要。またかぶれたり、ペニスを傷つけるリスクもある。

増大ポンプは装着して空気を出し入れする事で、伸縮運動をさせる血流を活性させる増大方法。
これもチントレを円滑に行う手段として有効ですが、増大するまで時間がかかり、確実性には欠けます。まだアンドロペニス等と同様、毎日装着しなければならない違和感、続ける根気、ペニスを傷つけるリスクがあります。

更に増大器具は短期間では難しいという見解が多い方法ですが、ペニス増大サプリと併用すれば効率は上がります。増大サプリと併用する事で、期待値は+25%増という効果を見込むことが出来るようです。

ペニス増大サプリにチントレマッサージ、オナ禁、増大器具、全て駆使するとペニス増大の成功期待値は更にアップすると言えるでしょう。こういった努力も増大には必要になってきます。

牽引法

ペニス増大器具を使った牽引法

まずは、長さが気になるという方のために、「牽引法」を紹介します。
漢字からも推測することができるかと思いますが、ペニスを引っ張った状態で固定し、器具がなくてもその状態をキープすることができることを目指すペニス増大方法です。
日常的に使用する方法があるために、違和感を伴います
そして、機器についても、「アンドロペニス」と呼ばれる危機以外は非常に期待が薄いと言われていますので、使用するのであれば「アンドロペニス」以外はオススメできません。

ペニス増大ポンプ

ペニス増大器具をペニス増大ポンプ

次にポンプ式です。こちらは長さというより太さも改善したい!という方にお勧めです。
この方法は、下腹部を密封状態にできる筒状のフィルターで包み込み、取手を引っ張ることでペニスを引張り圧をかけるという原理のものです。
使用してみると、装着に手間がかかるのと違和感がハンパないですが、血流を送りやすくチントレとしては効果があるのでストイックな方に向いてます。

このように器具によるペニス増大方法もいくつか存在します。
効率的にチントレを行う事ができ、ペニス増大サプリの効果を一層引き出す<事が可能です。
器具単体では時間がかかりますが、正しい増大サプリとの併用で「期間の短縮」にも繋がるでしょう。

しかし、ペニスを傷つけたりという危険が伴うということも事実です。
使用する器具についてしっかりと情報収集を行いましょう。
ペニス増大を真剣に取り組み、モチベーションを保つために、こういった器具を使用するのも、より大きな効果を得るのに大切な事です。

ちんこ増大器具まとめ

ちんこ増大器具まとめ

矯正器具もポンプ型もどちらも、ちんこに血流を送りやすくさせて増大させるのが意図だろう。

効果を調べてみると、
確実性は低いが「ペニス増大サプリ使用時ののチントレの一種」として考えた場合、
血流を送りやすくできるのは確かなので効率アップにはなる。

ただ増大器具だけでは、長期にわたって毎日使用する必要がある。
調べた意見では竿、亀頭部分が腫れた感じを「増大」と言っている印象が強い。
また、衛生面や痛さ、継続する困難さ、めんどくささが目立つ。

増大器具のみでちんこを大きくするのは、確実性は低く、努力と忍耐がかなり必要で「簡単」とは言えないようだ。

ペニス増大サプリでデカくするのが1番

ペニス増大サプリでデカくするのが1番

上に挙げた増大手術、増大器具と比べてペニス増大サプリは実現しやすいと言える。増大サプリは10年以上前から存在し、昔は効果があるのは殆ど存在せず、また人の体質に大きく影響した。
しかし、増大サプリはこの2-3年で大きく技術進歩し、取り組み方によっては万人に大きな効果を期待できる。

しかし、どの増大サプリを使っても、という事ではない。現状でも増大サプリは百種以上は存在すると言われ、その中には、残念ながら利益を目的とした効果のないモノ、高額なのに性能が低いモノが多く存在する。
だから「どういったサプリを選ぶべきか」の選択が非常に重要だ。であれば、知識をつければいい。

なんとなくやってみよう!程度の意識の奴は、お金を使うことは無駄になるので、やめておいたほうが良いです。
やはり飲むだけではダメで努力が必ず必要になる。増大成功者達は必ずそう言う。
逆に言えば、知識をつけて正しい増大サプリメントを選び、努力すればペニス増大を実感することがでる。現代はそういうステージまで来ています。

また医学的な見地からペニス増大は可能なのか?という問いについて、答えはYes。
身長を伸ばすことをイメージしてみてください。もちろん自然成長が難しいということは、大人なら分かるだろう。
しかし、ホルモン治療やDNA治療、再成長科学の技術が進み医学の力を活用することで、体を成長させることは可能になってきている。そういった技術が「サプリ」にも組み込まれ始め、ペニス増大サプリにおいても例外ではない。

ペニス増大サプリまとめ

ペニス増大サプリまとめ

飲むだけだから一番安全で簡単と思われる。
しかし、調べていくと増大サプリは百種以上存在し、当然、効くもの・効かないものが存在する。

ちんこを大きくする増大サプリは10年以上も前から存在し、年々進化している。
昔は効かないものが多かったみたいだが、近年では効きやすいものが増えてきているという。

例えば、配合成分は当初は10種以下だったものが今では100種を超えている。
また錠剤、又はカプセル1種だったのが3種類になったり、
その他、増大構造や安全性など様々な面で進化している。

ただし、そういった効きやすい進化した高性能増大サプリは全体の1-2割程度しか存在しないのも現状。
そう、ちんこを大きくしようとサプリを使おうとしても、大半の人が高性能な増大サプリに巡りあっていない。

それはなぜかというと、ネットで増大サプリを検索しても、
アフィリエイターなる宣伝してお金を儲けようとしてる者のサイトばかりが出てくる。
そしてそのサイトには効果がある事しか書いていない為、信じ込んでしまう。

問題なのはアフィリエイターが推奨してるサプリは、
売れない、古い、低性能なものが殆ど。
考えてみても、はなから売れる良いモノであればアフィリエイターを雇う必要がない。

調べてみるとスグわかるが、ペニス増大サプリで検索時に出てくる
ランキングサイトやブログ、比較サイトは共通して同じ商品が多い。
アフィリエイターが扱う商品が共通だから当然だな。
しかも効果があった事しか書いていない。そう書かないと売れないからな。

アフィリエイターが扱う古い低性能な商品と高性能な商品の
値段が変わらない事から金と時間を確実に損をしてしまう。

高性能増大サプリを選ぶ際は、効果はいくらでも嘘がつけるので効果ではなく、
成分、錠剤・カプセル何種か、何錠飲むか、どうやって増大に至るか(構造)、値段などに着目すれば良いものを選べるだろう。
少なくとも「損」する事は回避できる。

しかし「ただ飲むだけで増大」とは簡単にいかない。
効率よくちんこ増大サプリが効きやすくなる為に

  • 酒、たばこを控える
  • オナ禁
  • 食べ物、運動

などをして「血流が良くなる体」にしないといけない。
更に

  • チントレ
  • 増大サプリ同士を組み合わせて更なる効果をアップ

といった技もある。

サプリでちんこを大きくするのは、高性能の増大サプリを選ぶ知識と努力さえすれば、確実性は高く「簡単」と言えるのかもしれない。

日常生活の努力でペニス増大成功率アップ!

日常生活の努力でペニス増大成功率アップさせる方法

ペニス増大は健康が大きく関与しています。
日常生活の改善もペニス増大の成功率アップの大きな鍵と言えます。

具体的にどういうことかと言うと、増大サプリを効きやすくするカラダづくりに全力を注いでるわけです。
「ペニス増大サプリで何故個人差が発生するのか?」
これは人によって健康状態が違うから。とマニア達は解釈し、日常生活において運動や食事に気をつかって、「血流」を良くするに力をそそいでるわけです。

ペニス増大のメカニズムの最終工程は血流である事は間違いない。
血流を促進する為に増大サプリを服用しながら、脂っこい食事・不規則な生活をしていては、増大サプリの効果を十分に発揮できない、すなわち成功率を落とすことになる。
まずは、血流を良くする事。血をサラサラにする事を意識すること。それが人によって増大効果に大きな差が生じる原因なのだから。

主には食事で脂っこいものを避けたり、タバコや酒、運動不足、寝不足など生活を見直すこと。
この意識をもつだけで、効果に雲泥の差が生まれる。
その他にもオナ禁やチントレ、違うサプリ同士を飲み合わせするといった技まである。
ペニス増大を本気で取り組むという事はこういった努力が必要なのです。

ペニス増大のレーニングの効果と手順

ペニス増大サプリの熟練者(ネットではマニアと呼ばれる)は、この成功率アップに全力を注ぎ、色々な手段を試してきました。
その中でチントレ法や飲み合わせ法、イメトレなども生まれました。こういった方法の他に、彼らが根本で掲げているのが食生活や運動などの日常生活の重要性。
これがペニス増大成功確率に直結すると言っています。

ここまでの知識を得た上でも、増大サプリメントの服用だけでペニス増大が確実にできるとは思ってはいけない。
あくまで成功率を上げる為に必要なだけである。そして増大サプリ以外に、増大達成の成功率を上げる為にやらなければいけない事はある。
増大サプリはあくまで「補助」。日常の生活で何も意識していない奴は、成功率は下がるだろう。

自力のチントレのみでちんこを大きくするのは、増大器具同様、確実性は低く、努力と忍耐がかなり必要で簡単とは言えないが、共に増大サプリの効果アップとしての手段として確実に必要になる。

ペニス増大は自力だけで可能とは言いがたいが、増大サプリや精力サプリ、ペニス増大器具等と併用すれば
「効率良くペニスを大きくできる」
という結論に達する。

自力だけで、トレーニングだけでペニスを増大に成功しても、

  • 毎日やる
  • 正しいチントレを行う

その場合に限り、平均して2-3か月で1-2cm程度だろう。
それでも「腫れた」「膨張」といったニュアンスという感想だ。

ではその信憑性の高そうな自力のみのペニス増大のトレーニング方法をまとめる。

準備段階:私生活で血流を良くすること

まず、ペニス増大を成功させるには、「血流」が全てとなる。
トレーニングの前に、体調・健康管理をして、ペニス増大の体質にしなければならない。

年齢を重ねる程、血がドロドロになりやすい為、血流は悪くなるので、30代以上は特に意識しなければならない。

トレーニング前に自力でできる血流を良くする体質にするには、

  • たばこ、酒を控える
  • ジョギングなどの運動
  • 食事改善

たばこ、酒は血管を収縮させるので、血流にとってよくない。
運動して「汗をかく」ことは血液の循環を良くして、血行が良くなる事だから必要不可欠。

食事改善とは2種類ある。
1つは血行を良くする、血液をサラサラにすると言われる食べ物を食べる事。
「オサカナスキヤネ」

血流を改善する食べ物オサカナスキヤネ

お茶、魚、海藻、納豆、酢、きのこ、野菜、ねぎ
を摂取するといいと言われている。やろうと思えば毎日摂取できる。

もう1つは精力がつく食べ物を食べる事。

精力がつく食べ物

代表的なのは、すっぽん鍋やカキ、豚レバー、レバニラ、山芋、納豆、ウナギ、にんにくなど。
特に効果が高いのは、血に近いすっぽんやレバー系など血に近い食材
豊富なアミノ酸、特に鉄分、亜鉛など精力に直結する成分が多く、細胞を活発化し、血流量を増加させてくれる。

この2種の食材を日ごろから意識するのと、運動、健康な生活を送れば血液はサラサラになるし、トレーニングでもサプリでも何でも「効きやすい状態」になってくれてるはずだ。

実践段階:チントレとトレーニング

ここまでやって、やっとペニス増大を自力で効果的にできる準備が整った。
ペニス増大につながるトレーニング、通称チントレはいくつもあるが、信憑性が高いものはそんなにない。

信憑性の高い効果的なチントレを紹介すると、

マッサージ(チントレ)

ペニス増大のマッサージ(チントレ)

一番スタンダードなのは、ミルキング法、スライド法と呼ばれるもの。
まず勃起させてペニスの根本を片手で握り、亀頭に向かってスライドさせるもの。
血流を亀頭に向かって送ってやるイメージで、刺激を与え、血流を活発にしてくれる。

この方法は、ペニス増大サプリメントと家庭でできるマッサージ(チントレ)を組む合わせた方法です。
具体的な取り組み方は、知識を得た上で正しいペニス増大サプリ選び、毎日摂取する。
そして、増大サプリの効果アップに繋がる「血流を促進」を目的としたチントレを風呂後にやる。
上下運動ではないので注意。5分程度良い。

イメージ法

ペニス増大のイメージ法

また最近注目されているのは、イメトレ。これは単純に手を使わず想像だけで勃起させるといういたってシンプルなペニス増大のトレーニング方法だが、極めて重要なトレーニングである。
最新の増大サプリには脳に作用する成分も多数入ってる事から、脳からアソコへ勃起させる信号を出す際、血流の流れを活性させるのが目的。
これは簡単そうだがやってみるとかなり難しい。これを極めると、いつナンドキでも勃起する事が可能になると言われている。

効果は脳の活性、ED改善、勃起速度アップ、勃起硬さアップ、中折れ改善、早漏防止、射精コントロール、ペニス増大サプリが効きやすくなるなど、メリットはかなり多い。
それもそのはず、脳から興奮状態を作るのだから、当然ペニスに血流を送る「司令塔(脳)」を鍛えれば、このトレーニングが効果的になるのは明白である。
こちらも血流の良い風呂後にやるのがよい。

コツは自分の好きなジャンル内で、非現実的なエロい事を考えてみよう。
効果が出る参考期間としては、1〜2ヶ月。期待出来るペニス増大の目標値は+20%程度を見込める方法と言われている。

オナ禁

ペニス増大のオナ禁

オナニーのし過ぎはペニス増大サプリをやる上では効果を十分に発揮させる事ができない。
やはり射精する事で血流効果を妨げてしまうからだ。
それとオナニー時の寸止めは逆効果、低レベルの快感を脳に植え付け、ED、早漏や遅漏、不感を招くので注意。
しかし、週1-2はオナニーした方が良い。というのは、ある程度脳とアソコへの刺激が必要だからだ。オナニーを全くしないと、逆に遅漏になるとも言われている。

その他のチントレ

PC筋トレ

・肛門括約筋(肛門)に力を入れて締めたり緩めたりして鍛えることで、
勃起の硬さアップや角度強化につながるトレーニング。セックス時に実践すると女性の感度が上がる

ペニス増大のツボ

恥骨の上部、中央から5mm位の所の「横骨」と横骨から、さらに1cm程上にある「大赫」というツボを押すことで、精力がアップすると言われている。

以上が自力でペニス増大を成功させるトレーニングの流れだ。
準備段階から実践トレーニングまで、かなり時間を要し、ハードなトレーニングではあるが、自力でやるにはやはりここまでの努力が必要ということだ。

その時間、効果を効率的にする為には、
やはり高性能のペニス増大サプリを使った方が大きな効果アップとなります。

ペニス増大と年齢や体質との関係

ペニス増大と年齢や体質との関係

年齢によってもペニス増大の確立は変わってくる。
ペニス増大とは細胞の分化です。
スポンジのような状態の細胞である「海綿体」の血流が注がれることでペニスは大きくなります。
そして、ペニスが大きくならない理由は二つで、「海綿体の分化が行われにくくなる。」「血流量が少ない」です。
要はペニスが大きくならないのは、年齢によって細胞が元気をなくしてしまうこと。そして、なんらかの理由で血流が妨げられてしまっていることなのです。

やはり血の巡りなどは加齢に準じてドロドロになる事が多いし、健康状態事態にハンデがあると言っていい。
また睡眠時間が足りなかったり忙しさやストレス等によっても、勃起や増大等の指令を出す脳が活性されてなければ、ペニス増大の効率は悪くなるだろう。

医学的に加齢による精力の減退はしょうがないこととされていますので、ある程度歳をとってしまっている方はこれから「ペニスを大きくしよう!」と考えても難しいと言わざるを得ない。
しかし、そういった方は例えば健康力アップも期待できる100種成分系(ボルギア3など)を選ぶとか、逆に問題ないという方は増大特化(グライバルなど)と言われている3タイプを選ぶとか、知識があれば状況に応じて選べます。

「意識していれば必ずペニス増大することができる。」先ほどもお話ししたように、障害は血流だけです。
そして、日常で食事・運動などの健康を意識した行動をとるだけで、ペニス増大の確立は必ずアップできます。ですので、是非前向きに、そして気長に取り組んでみてください。

コメント